top of page

高濃度ビタミンC点滴に勝るリポソーマル

ビタミンCは体内の活性酸素を除去し、強力な抗酸化作用を発揮します。シミ・シワ改善などの美容面での効果はもちろんのこと、育毛効果、気力アップなどの効果を実感されている方もいらっしゃいます。


高濃度ビタミンCは健康維持のみでは無く、癌の治療にも活用され、2005年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)が「高濃度ビタミンC点滴は、がん細胞のみ選択的に攻撃する」と認めています。


しかし人間は、残念ながらこの素晴らしいビタミンCを自分で合成することが出来ません。ほとんどの動物は自分でビタミンCを合成することができ、犬は体重1キロあたり40mgのビタミンCを合成します。

健康維持のために「高濃度ビタミンC点滴」を活用されている方も多いかと思いますが、健康維持に着目したとき、リポソーマルビタミンCは非常に有用なのです。

血流に高濃度のビタミンCを注入することにより血中濃度は一時的に非常に高くなります。しかし細胞への吸収となると別の話なのです。

ビタミン研究および治療の世界的権威であるアンドリュー・W・ソール博士の発表によると、ビタミンCもは水溶性ビタミンであるため、体内に蓄積されることが無く、継続的な摂取が非常に重要であると発表されています。。

点滴で摂取するビタミンCは、点滴液が水性であることから、脂肪酸で出来ている細胞膜に吸収が阻害され細胞レベルでの吸収は約20%であるとも発表されています。

1回15グラムの高濃度ビタミンC点滴を行ったとしても3グラムしか細胞に取り込まれない計算となり、月4回行っても12グラムです

リポソマールビタミンCは脂質のリポソーム膜で直接細胞に取り込まれるため、摂取量の約98%が細胞に取り込まれると言われています

毎日2グラムのリポソーマルビタミンCを摂取すると毎日1.9グラム、月にすると57グラムものビタミンCが細胞に届くのです

また、毎日摂取することにより持続して作用するため、生理的に合致した吸収が可能となります。しかも高価な高濃度ビタミンC点滴に比べて、安価に行うことが出来るヘルスケアなのです。

いくつかの注意点もあります。

リポソームサプリメントには、ヒマワリレシチンが使用されることが多々ありますので、ヒマワリレシチンアレルギーがある方はリポソーマルサプリメントの服用は出来ません。

妊娠中の方、幼児、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は

使用前に医師に相談することが推奨されています。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page