top of page

酪酸菌は長寿と健康に不可欠なパートナー

人間の細胞は35兆個以上の細胞で出来ています。平均的な日本人の大腸の長さは約155㎝と言われており、その腸内にはなんと100種類以上の細菌が、100兆個以上も群れをなして活動しています。

腸内環境を整える「腸活」が注目されており、乳酸菌やビフィズス菌を食している方も非常に増えていますが、近年になって「酪酸菌」が「腸活」に非常に重要な役割をしていることが分かってきました。

テレビで取り上げられたこともあり、認知度が上がった「酪酸菌」ですが、あるお客様より「なぜ酪酸菌が良いの??」という質問を受けましたので、この機会に記事にすることにしました。


  • 腸内を弱酸性に整える

酪酸菌が作り出す酪酸は腸内を弱酸性に整える大きな役割を果たします。

腸内にある悪玉菌が発育することを抑制するだけでは無く、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が住みやすい環境を整えるのです。

腸内が弱酸性になることによって、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収性が上がり、ミネラル不足を補うことも認められています。


  • 大腸のエネルギー源

大腸には水分・ミネラルを吸収する役割がありますが、酪酸はそれらを促進する作用があります。

大腸の粘膜は常に大量の細菌と接しており、またヒトの体内で共生する腸内細菌が最も多く生息していることから、外敵に対する備えが重要となります。

大腸は、二層の粘液層をまとっており、特に内側の粘液層が壁となって病原体などの外敵が直接大腸に触れないように守られています。これが「粘膜バリア」と言われます。

酪酸は食物線維を分解発酵して、この粘膜バリアを強化する働きがあるのです。


  • 自己免疫の向上

花粉症や食物アレルギーは「花粉」や「食物」を異物と認識して排除しようと過剰な免疫反応が起こる症状ですが、免疫系に異常が起こると、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰な反応が起こってしまうことがあります。それが、多発性硬化症や関節リウマチなどの自己免疫疾患です。

自己免疫疾患は腸内における酪酸の産生能力が低い可能性があると言われております。多発性硬化症で通院中の方の腸内細菌を遺伝子解析したところ、健康な人と比べて酪酸を作り出す酪酸菌が減少していたことが報告されています。


  • 2型糖尿病の改善

酪酸は生活習慣病の1つである2型糖尿病との関連も指摘されています。

中国と米国の共同研究チームによる2型糖尿病患者を対象とした研究では、腸内細菌が作り出す酪酸が、血糖値の上昇の抑制に役立つ可能性が認められました。食物繊維を豊富に含む食事を摂取した群と、通常の糖尿病治療食を摂取した群とで、短鎖脂肪酸の濃度を検証したところ、短鎖脂肪酸のうち酢酸の濃さには有意差がありませんでしたが、酪酸の濃度は高繊維食群で増加したことが確認されました。

また、インスリンの分泌を促進する「GLP-1」というホルモンが多く産生され、長期的な血糖値の指標であるHbA1cの低下がみられたと報告されています。


他にも癌の抑制(がん細胞を死滅させる)、うつ病の予防および改善効果、そしてダイエット効果などに効果が高いと言われている酪酸ですが、なんと日本人はこの酪酸を作る「酪酸産生菌」の数が極端に少ないことが、早稲田大学の研究で発見されました。

日本人の酪酸産生菌の数は、アメリカ人と比較すると30%しかなく、デンマーク人やロシア人と比較すると16%しかありません。


しかも、酪酸菌を含む食べ物はぬか漬けや臭豆腐くらいしかないと言われています。

大切なのは酪酸を体内に取り入れて、酪酸菌を育てることなのです。

酪酸菌はサプリメントで摂るのがベストですが、錠剤のサプリメントは添加剤が多く酪酸自体の容量が限定的になります。(残念ながら日本の酪酸菌サプリメントは大半が錠剤です)

そして、何より大切なのは「酪酸菌を育てる」ことですが、水溶性の食物線維を多く摂ることにより、酪酸菌は増えていきます。

水溶性食物線維を含む食物は、熟した果物、芋類、(キャベツ・大根などの)野菜類、こんぶやわかめなどの海藻類等、大豆や大麦・ライ麦等の麦類等があります。こんにゃくは水溶性ですが、市販のこんにゃくは残念なことに不溶性です。


レピオスソリューションズでは上質な酪酸菌サプリメントを発掘して、近日中に皆様にご紹介させていただく予定です。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page